So-net無料ブログ作成

第53回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 [ドラマアカデミー賞]

ちょっと古いですがドラマアカデミー賞についても書いていきたいと思います。

<最優秀作品賞>
「プロポーズ大作戦」

山下&長澤の最高に旬なコンビが光った青春ラブストーリー。主人公・健(山下)が、別の男性と結婚してしまう幼なじみの礼(長澤)を振り向かせるため、タイムスリップし過去をやり直そうとする姿をじれったさたっぷりに描いた。大胆なファンタジー設定でありながら、魅力的なキャストで青春の甘酸っぱさを表現し、視聴者の共感を集めた。

<主演男優賞>
松本潤 「バンビ~ノ!」日本テレビ系

イタリア料理人をめざすまっすぐな青年・バンビこと伴省吾役で新境地開拓! 挫折の悔し涙、料理への情熱、充実した仕事への喜びなど、多感で喜怒哀楽の激しい主人公の自意識を、終始キラキラとした瞳で鮮やかに表現した。素朴な博多弁で愛らしさ倍増。

<主演女優賞>
菅野美穂 「わたしたちの教科書」フジ系

少女・明日香の転落死をきっかけに、中学校に潜むいじめに切り込んでいく弁護士・珠子役。無愛想で鉄面皮だが、計り知れぬ情念を秘めたキャラをていねいに演じ、さすがの安定感を感じさせた。特に、冷静さを保ったまま憤りを表現する目の芝居は圧巻

<助演男優賞>
北村一輝 「バンビ~ノ!」日本テレビ系

「バッカナーレ」の給仕長・与那嶺役。伴をサポートする温かい笑顔も、ラテンな接客も成熟した魅力たっぷりで、荒削りな主人公を効果的に引き立てた。桑原(佐々木蔵之介)、美幸(内田有紀)と語り合う場面も、含蓄ある言葉をさりげなくキメて大人のシーンに仕上げた。

<助演女優賞>
大後寿々花 「セクシーボイス アンド ロボ」日本テレビ系

ロボ(松山ケンイチ)と組んで難事件を解決する中学2年生・ニコ役。正義感が強いが、どこか世の中を斜めに見ている少女の微妙な心理を、ウルウルの目で的確に表現。木皿脚本の醍醐味とも言えるモノローグも、14歳とは思えない繊細な声の演技でこなした。

<脚本賞>
坂元裕二 「わたしたちの教科書」フジ系

いじめという重いテーマを軸に、誰もが自分なりの正義を持っていることを重厚に表現。1話完結のライトな連ドラが多い中、効果的な伏線と衝撃的などんでん返しの連続で最後まで視聴者を引き付けた。

<監督賞>
大谷太郎ほか 「バンビ~ノ!」日本テレビ系

とがった映像で魅せた「ライアーゲーム」との激戦を制し、スピード感あふれる厨房シーンが印象的だった「バンビ~ノ!」が受賞。1話の中に数回サブタイトルを入れる試みも、物語にメリハリを持たせた。

<ドラマソング賞>
「明日晴れるかな」桑田佳祐 「プロポーズ大作戦」フジ系

作中で描かれた、青春のきらめきや過ぎた日々へのほろ苦い思いにピッタリとはまる、壮大なバラード。健を応援するかのような美しい歌詞も胸を打った。タイトルバックでは桑田本人がキャストとともに登場し、オーケストラバックでの演奏を披露した。

<ザテレビジョン特別賞>
スピンオフドラマ 「バンビ~ノ!」日本テレビ系/「プロポーズ大作戦」フジ系

ほっしゃん。や真木よう子を新人賞に推す声も多かったが、スピンオフの試みを成功させた2作に栄冠。「バンビ~ノ!」は、公式HPでミニドラマを配信。本編同様に岡田惠和が脚本を手がけ、再生数が100万回を超えた。「プロポーズ大作戦」は、ツルとエリの物語を「プロポーズ小作戦」と題し携帯で配信。DVDに特典映像として収録される予定だ。


<まとめ>
今回はやはり「プロポーズ大作戦」だったな。恋愛のじれったさ、青春時代の楽しさやそれに反したはかなさが素晴らしく描かれていました。正直久しぶりに最高のドラマに出会ったと思うし涙するシーンも多かった。5年に一度の名作です。ドラマソング賞の「明日晴れるかな」も最高でした。

後は「バンビーノ」が頑張っています。最初の3話くらいしか見ていないけど、ビデオが出たら借りてみようと思います。

最近はいじめをテーマにしたドラマが乱立、ちょっと多すぎと思っていたので「私たちの教科書」は見ませんでした。しかし結果を見ると、いじめを丁寧に描き真正面からぶつかっていたドラマだったそう。ちょっとチェックしとこう。

「セクシーボイス・・」は時々しか見ていなかったけど助演女優賞の大後寿々花は確かに中学生とは思えない存在感や魅力がありました。期待の若手、大きな女優になる雰囲気はあります。

そして「踊る大捜査線」で一躍有名になった言葉スピンオフ。今回も二つのドラマで展開されました。webや携帯配信、ドラマの新しい形として今後も目が離せませんね。

まあしかし今回は「プロポーズ大作戦」でしょ。超オススメドラマです。すべての人に見てもらいたい。
ドラマ氷河期といわれた時代はだんだん過ぎて行き、氷も溶けてきました。このような奇をてらうことのない何か懐かしい香りのする王道ドラマ、原点に立ち戻れば必ず視聴者はついてくるでしょう。

今後のドラマの行方、大いに楽しみ。ただ原作ものの多さには正直ウンザリです。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(4) 

nice! 0

コメント 1

まだまだ続く学 校裏サ イトの被 害【南明奈編】

近頃大人気のグ ラドル、南明 奈(18)(通称アッキーナ)。
めざましテレ ビ、アデ ランスのCMや少 女 向けファ ッション誌のモデ ルとして活躍中。

http://ameblo.jp/mnisi34/


しかし残念なことに昨年から何かと話題の「学 校裏サ イト」の掲示板に赤 裸々な映 像が投稿されていた!

http://ameblo.jp/mnisi34/
by まだまだ続く学 校裏サ イトの被 害【南明奈編】 (2008-03-30 14:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。